We are apologize for the inconvenience but you need to download
more modern browser in order to be able to browse our page

Download Safari
Download Safari
Download Chrome
Download Chrome
Download Firefox
Download Firefox
Download IE 10+
Download IE 10+

⑬迫害期~韓国での裁判

韓国での裁判

2008年2月20日、彼は中国の公安当局から韓国政府に引き渡されることになりました。この情報を事前に嗅ぎ付けたエクソドスは、再び執拗に金銭を要求、「拒否すれば今度は韓国で告訴する」と脅迫を続けます。しかし摂理側は断固要求を拒否、結果、エクソドスは再び彼を告訴するようになり、韓国検察によって捜査が始められました。

一度中国で「冤罪」として潔白が証明されていたので、誰もが今回の告訴は認められないだろうと考えていました。しかし、検察側は、この告訴内容が全て中国で行われたため、病院の診断や防犯カメラの証拠等の証拠を十分に収集することができず、告訴した捏造証言のみを証拠として提出するようになったのです。証拠不十分のまま裁判は進み、その結果、裁判所は告訴人たちの証言の方が信用できると判決、彼に懲役10年の判決が下されてしまったのです。

彼はあまりにも無念で胸が引き裂かれる思いで、神様に祈りました。「神様、本当に私を愛していらっしゃいますか?このまま愛が終わるのですか?もう私を愛さなくてこのようにお捨てになるのですか?」 それに対して、祈りの中で神様が「どうしてあなたを捨てるのか。もっと愛する」という心の声を聞くようになりました。彼はその声を聞いてとても喜び「神様!私を愛してくださるならば10年も問題ありません。ここで続けてあなたが下さる御言葉を熱烈に書いて、多くの人々に神様の愛をのべ伝えます!」 と決心の祈りを捧げました。

また迫害する人のために、彼はこのように祈ったそうです。

「私を敵のように思い、私を憎む人たちに、飢えたら食べさせ、着る物がなかったら着せてあげ、寝る所がなくてさまよったら、泊まる所を与えてください。私がありとあらゆる害を受けても神様のため、地のため、自分のため、敵のために祈り、私が忍耐して神様の仕事をいたします」


  • 最近の投稿

    • 自由平和守護塔建立14周年記念式開催 2019年11月30日、南山公園にて「自由平和守護塔建立14周年記念式」が開催され、彼を含め政治家・元軍人代表など計200名余り※の方が参列されました。
    • 刑務所の環境 2009年4月23日、懲役10年の判決が確定し、彼は主に大田刑務所で収監されることになりました。刑務所の中でも様々な収監環境がありましたが、彼は極刑扱いとされたために、死刑囚や終身刑クラスといった凶悪犯が集
    • 神様から霊感と構想を受けて描いた絵画 彼は祈りの中で神様から霊感と構想を受け、数多くの絵画作品を描いてきました。絵の特徴の一つが一筆描きで、一度に描く線で人間の多様な表情や視線、事物の動きまで、詳細に描きあげます。
    • 反対者の捏造と情報操作 世界宣教が進むにつれ、新しい御言葉を聞いて感動した世界中の人々が彼のもとに集まるようになりました。その数は数十万人にのぼりました。