We are apologize for the inconvenience but you need to download
more modern browser in order to be able to browse our page

Download Safari
Download Safari
Download Chrome
Download Chrome
Download Firefox
Download Firefox
Download IE 10+
Download IE 10+

Pastor Jung Myung Seok

His life

ただひたすら神様

鄭明析牧師の人生を表すならば、「ただひたすら神様」の一言に尽きます。韓国が朝鮮戦争による極度の貧困と飢餓の状況にある中、彼は9歳のとき聖書に出会いました。貧困ゆえに小学校しか卒業できず、昼は両親の農作業を手伝い、夜は朝になるまで山や洞窟に籠って聖書拝読と祈り、という修道生活を続けました。ひたすら神様を求め続けたその生活は、気がつけば21年が経過していました。修道生活で、真理を求めて読み続けた聖書は通読2,000回以上に至り、イエス様をひたすら愛して神様の愛を深く悟った彼は、神様が好むことをただ行なって生きようと決心するようになりました。町へ出かけては老若男女問わず福音をのべ伝え、病人や貧しい人に着物や食べ物を分けてあげ、神様の愛を実践していったのです。ベトナム戦争には2度参戦しました。死と隣り合わせの戦場で、聖書を常に持ち歩き、人に向けて銃を撃つことはなく捕虜として生かし、たった1人の命も奪うことなくひたすら神様の愛を実践し続けました。ベトナム戦争帰国後は、戦争で得た報酬を全額故郷の教会に寄付し、教会再建のために尽力しました。1978年、祈りの中で「故郷を離れ、ソウルで本格的に福音をのべ伝えなさい」という天からの啓示を受け、ソウルへ上京。たった一人で福音を伝え始めます。その福音を聞こうと、毎日何十人、何百人という人々が押し寄せ、日々10時間以上の説教を伝え続けました。その後、祈る中で、生まれ故郷月明洞の環境をそのまま教会にするという構想が、天から与えられるようになりました。大自然の環境を雄壮に活用し、世界初の自然教会である「自然聖殿」を建設することになったのです。彼は福音を伝える傍ら、弟子たちと一緒に聖殿を開発し、現在に至るまで続けられています。自然聖殿の美しく神秘的で雄大な佇まいに多くの人々が魅了され、今では年間100万人が訪問する一大名所とまでなりました。彼がこれまで歩んできた路程―ただひたすら神様を思うその歩みに、多くの方々が触れてくださると幸いです。

PICK UP

修道生活

10代の頃から21年間、彼は農業の手伝いの傍ら、山や洞窟に籠っては聖書を読み、真理を悟りたくて祈りの生活に没頭しました。そんな彼の姿を理解できない親兄弟や村の人々からは、気が狂った、と揶揄されながらも、神様の愛に挑戦し続けたのです。そうして、もがき苦しみの末に神様の愛を悟ってからは、町へ出かけては老若男女問わずのべ伝え、病人や貧しい人に着物や食べ物を分けてあげ、神様の愛を実践するしかありませんでした。聖書を2000回以上通読し、毎日10時間以上は福音をのべ伝える、そのような生活を送ったのです。

ベトナム戦争参戦

ベトナム戦争には2度参戦。死と隣り合わせの中、戦場で常に聖書を持ち歩きます。殺さなければ殺される状況の中でも、彼は敵を一人も殺さず、いかに人を生かせるかを考え神様に祈り求めました。神様の言葉を戦場で実践したのです。こうした彼の行いに強く感動した当時の上官は、後に、彼を題材とした本「ベトナムの戦場で出会った神様の人」(2010年出版、出版元タビッ出版社)を執筆、出版しています。

自然聖殿開発

彼の生まれ故郷である月明洞。この大自然の環境を教会にするという構想は神様から与えられました。世界初の自然を開発してつくった教会「自然聖殿」です。彼は弟子たちと一緒に、神様の構想通りに自ら土を掘り、岩を積む作業に日夜明け暮れました。中には何百トンもある、数多くの岩が縦に積まれた雄壮な光景は、見る人を圧倒し、魅了します。現在も神様の芸術作品として開発が続けられている自然聖殿は、年間100万人が訪問する一大名所となっています。

MORE INFO

b5-011989年には、詩集「霊感の詩」でベストセラーを記録しました。1995年には文芸思潮を通して文壇に登場し、韓国詩文学界の注目を浴びるようになります。その後も、絶え間なく浮かんでくる“霊感の詩”を発表し続け、多くの人の心を捉えています。その才能と業績が評価され、1908年から2010年までの韓国を代表する詩人として「韓国100年史詩人」に公式登載されました。詩人・鄭明析サイト

20120521_2363752ただひたすた神様だけを思い創作する彼の作品は、絵画にも及びます。画家としての顔をも持つ彼の作風は霊妙であり、且つ神秘的。神様の御言葉を絵にしたメッセージ性のあるもの、五感に響くものなど、見る人に様々に語りかけてきます。2011年にアルゼンチンで開催された『世界アートフェア』では、世界的に有名な3000人余りの画家の中から代表作家として選定され、各国の新聞や雑誌など各メディアを通して紹介されました。

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師は、韓国が日本の統治から開放された、1945年3月16日に忠清南道錦山郡珍山面石幕里タルバッコル(現、月明洞)で、6男1女の三男として生まれました。... 続きを読む

激しい貧困が続く中、彼は珍山小学校に入学します。全国的な食糧難はなお続き、通学の行き帰りには様々な木の実、野草、葛の根を掘って食べ、空腹を満たしました。... 続きを読む

小学校を卒業すると、農業の手伝い(麦刈り・脱穀・畑の雑草刈り・薪拾いなど)のため中学校進学を断念することになりました。初等教育しか受けられなかったため、世間では「無学」とみなされ、その後の人生で苦しい思いをするようになり […]... 続きを読む

15歳(中学2年生頃)になると、何とかこの人生の問題を解決しようと本格的に修道生活に入り、山や洞窟で祈るようになりました。昼は両親の農作業を手伝い、夜は近隣のテドゥン山や廃鉱された洞窟に入り、... 続きを読む

このように修道生活をしながら、信仰も肉体も成長していく中で、世界情勢が慌ただしくなり、ベトナム戦争がはじまりました。... 続きを読む

ベトナム戦争での作戦が本格的に始まり、彼も参加するようになりました。最初に参加した作戦はオジャッキョ作戦というものでした。... 続きを読む

1967年9月、彼はベトナム戦争での任務を終えて、韓国に帰国するようになりました。帰国前日は、こうして生きて帰れること、作戦中に命を守ってくださったことをただ神様に感謝し、ひたすら賛美と祈りで過ごしました。... 続きを読む

彼の部隊が帰国することとなり、帰国までの15日間、兵士たちの心は踊り喜びに満ちていました。皆は当時としては非常に高価なテレビ・録音機・冷蔵庫などを買って帰国の準備をし、祖国の懐に抱かれることを待っていました。... 続きを読む

軍役を終えた翌年、彼が26歳のとき、福音をのべ伝えることが自分自身の使命だと確信し、本格的な伝道・修道生活を始めるようになりました。... 続きを読む

そのような修道生活を約21年も経た頃、祈りの中で「故郷を離れ、ソウルで本格的に福音をのべ伝えなさい」という天からの啓示を受けるようになりました。そして1978年6月1日、住む場所も知り合いもいない中、たった一人でソウルへ […]... 続きを読む

1999年1月、彼は本格的な世界宣教に出発するようになりました。活動拠点を世界各地に置き、ヨーロッパ・アメリカ・アジア各地へ渡り、様々な文化と芸術を通して、国際文化交流と平和のための国際行事を開催しました。... 続きを読む

月明洞自然聖殿は1989年より開発されるようになりました。彼は最初、生家の数十メートル前にある標高150mのアプ山の斜面に「セメントの階段」を作って、そこに人がたくさん座れるようにしようと考えましたが、... 続きを読む